国際感覚が身に付くボーディングスクール

ボーディングスクールは全寮制の寄宿学校の事で大学進学を目的とした学校や美術や演劇の勉強ができる学校、聖書などの宗教を必修科目としている特定の宗派が運営している学校もあります。ボーディングスクールには国籍や習慣が違う様々な国の人が集まり教師と生活する事もあります。

その為規律を守りながら他国の習慣を学ぶこともでき自己管理と国際感覚を学ぶ事ができるのが特徴です。ボーディングスクールでは10名程度の少人数制で授業を行っているところも多く世界各国からよばれた教師が教えてくれるので密度も濃く的確なアドバイスを受けられる環境が整っている所も多くあります。

イギリスのパブリックスクールはオックスフォード大学やケンブリッジ大学等の名門校へ進学をしています。勉強だけではなくボーディングスクールでは世界のリーダーシップとなれるような学生を育てる事を目的としている所も多く学業ができるのはもちろん、音楽や芸術、スポーツ等も学ぶ機会が与えられています。

習慣や文化の違う人と生活することで偏見を持たず人との違いを受け入れる考え方も身に付けることができボランティアにも積極的に参加することができます。

日本でも札幌聖心女子学院中学校・高等学校や函館ラ・サール中学校・高等学校等があり最も古いボーディングスクールはスイスのル・ロゼで世界中の王候貴族や名家の子息が集まっています。国籍が片寄らないよう一つの国から在籍できる人数が決まっており世界で最も教育費が高い教育機関のひとつです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です