イメージと実質で優位なイギリスへの大学留学

英国は大学留学において世界で二番目に多くの留学生が集まる国で大学留学を行っている学生のおよそ1割が留学先として英国を選択しています。英国では世界80か国以上、50万人を超える留学生が学んでいます。

英国の大学留学が人気な理由の一つが、大学やカレッジにおける教育・研究の質の高さです。人口は世界人口の1パーセント未満ですが、世界的な学術専門誌に掲載された文献のおよそ6.4パーセント、世界でもっとも品用された文献群の15.9パーセントが英国発となっています。

また、安全な環境で留学生活を送れることや多様性に富み、ダイナミックなカルチャーの中での生活を通して、一人一人の留学生がまさに人生を変えるような経験を得られることも魅力のひとつです。英国の大学や大学院のコースは一般的にほかの国よりも短期間です。

たとえば、フルタイムの学士号コースは多くの国では4年間ですが、英国ではほとんどの場合3年間で、フルタイムの修士号コースの多くは1年間になります。そのため、早く卒業をして就職することが可能です。

学業や生活面に関しては、歴史のある留学生受け入れ実績と経験に基づいて、さまざまなサポート体制を充実させています。そのため安心して留学をすることができます。

また、英国は王室の影響もあり高貴なイメージで費用が高いのではという懸念もありますが、国内のほぼすべての大学が国立でキャンパス内に寮があるなど安価に済ませることができるため、4年制のほかの英語圏の大学と比べても同じか、それよりも安い費用で留学することが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です