大学留学でも圧倒的人気のアメリカ

毎年世界各国から90万人近い留学生を受け入れているアメリカは、自分の夢と英語力の両方を実現できることから人気があります。高校生が大学留学を考えるとき、何よりも自分に合った大学を探しています。

志望する専門分野があるのか、卒業後に役立つ実務能力を身につけることができるのかなど、遊学の目的はさまざまです。アメリカの高等教育制度には、さまざまな選択肢がありますので、専攻や言語力、予算など自分にとって魅力的な大学を見つけることができます。

また、生徒の人数や町などで学校に雰囲気も変わるので、自分によりあった大学留学を実現できます。アメリカの高等教育制度は非常に柔軟です。英語に自信をつけてから大学の授業を受けたい場合には、夏休みや数か月の語学留学後に大学留学が可能ですし、長期で英語上達に手中できるようにコミュニティカレッジで単位を取り、総合大学やリベラルアーツ大学に編入することも可能です。

また、大学に入ってからも選択肢は豊富で、専攻を変えたり、ダブルメジャーといって2科目主専攻したり、マイナーを何個も加えることもできます。中には自分によりあった大学を求めて名門校から転向する人もいるほどです。

自分のアイデンティティを追求できる環境が整っているので、しっくりくる大学をみつけやすくなっています。入学後の2年ほど、幅広い科目の授業を取り、自分の専攻に関してじっくり考えることができます。個性や多様性が重視される社会情勢の中、大学名よりも自分の夢に向かった大学選びが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です